放棄された農産物のシーンを哀れに思って、1990年代生まれの男性 は故郷に戻って、カスタードアップルティーのビジネスを初めました。


TOP写真_放棄された農産物のシーンを哀れに思って、1990年代生まれの男性 は故郷に戻って、カスタードアップルティーのビジネスを初めました。
仕事を辞めて家に帰り、カスタードアップルティーを作ります 2018年、Ea Kly(Krong Pac、Dak Lak)のNguyen Van Son氏(1992年生まれ)は、仕事を辞めて故郷に戻り、カスタードアップルティーを作る事業を始めました。彼のこの決定は多くの人々を驚かせました、彼の家族でさえ激しく反対しました。 Son氏は「ダクラクの貧しい田舎で生まれ育ちました。そこでは、皆の生活はとても多変です」と話しました。。したがって、彼の家族は彼がより良い仕事を得て畑から逃れるためによく勉強することを望んでいました。 2016年に、財務の修士号として卒業した後、彼は行政機関で働きました。これは、多くの人が望む「安定な」仕事と見なされています。 「でも、やりたいことがたくさんあるのに、ずっとこの退屈な仕事をしますかとよく自問します。それで、私はのコンフォートゾーンから出て、故郷に戻って事業を始めることにしました。」と語った。 Son氏によると、ビジネスを始めるために故郷に戻るという彼の決定は、ランダムではなく、完全に根拠がありました。それ以前は、ベトナムの農産物、特にカスタードアップルについて研究し、学んでいたからです。 「私の故郷では、人々はたくさんのカスタードを栽培しています。果物の品質は他の地域よりも劣らず、良いと思います。しかし、豊作でも切り下げるという状況は繰り返され、特にトレーダーは買いに来なかったため、果物は捨てられた雨季には農家が不利になります。 この状況を見て、私はとても心が痛むので、故郷のために何かしたいのです」とSon氏は打ち明けました。 仕事を辞めた後、カスタードアップルからお茶を作る方法の研究に集中しました。自分の専攻に反するため、独学、そして文書を読むのに長い時間がかかりました。生産のために、彼は友人から資本として6000万ドンを借りました。 「6000万ドルはカスタードアップル及び包装機の購入に使用されています。工場は家の裏側を利用しているので、お金はかかりません」 失敗からの成功 Son氏は、2018年4月にカスタードアップルティーの加工と生産を開始したが、成功するまでに2か月かかり、その前にすべての製品が廃棄されたと述べた。 彼によると、製品を作ることは難しいことではありませんが、新しい基準を満たし、高品質の製品を作ることは困難です。したがって、彼は生産に非常に厳格であり、製品が損傷した場合、彼は満足するまでやり直します。 「最初の2か月で、私が作った製品の品質が良くなかったため、大量のカスタードアップルを捨てました。そのとき、私も非常に混乱していましたが、すぐに落ち着き、どこが間違っているかを考え、そこから学びました。」 サワーソップティーを作る段階は7つのステップで構成され、最初は果物を選択する、2番目は果物をきれいにする、3番目は果物を切る、4番目はそれを乾燥させる、5番目はお茶の焙煎、 6番目は一定の時間にお湯に浸る、最後に梱包することです。ただし、これは理論に過ぎませんが、実際には、作業者は、合理的であるように、材料、段階、および時間を調整する必要があります。 「すべてのカスタードアップルをお茶に作ることはできません、乾燥プロセスなどと同様に、適切に選択する必要があります。最初は6段階しかありませんでしたが、6番目段階が追加されたため、7段階に増えました。これはお茶がより香り高く、おいしい味を持ち、果物の薬効を維持するのを助けるための重要なステップです」と彼は言いました。 レシピを見つけた後、Son氏は生産性を上げるためにフルーツカッターをさらに購入しました。同時に、この熱狂的な若者は製品を売れるためにすぐに市場を拡大し、多くの顧客を誘致します。 2018年の終わりに、Son氏はダクラク省でのスタートアップコンテストで3位を獲得しました。それ以来、彼のカスタードアップルティーブランドはより有名になりました。 店舗で直接商品を販売するだけでなく、国内外の見本市や展示会で宣伝するためにお茶を持ち込みました。 「最初は、カスタードアップルティーはもちろん、カスタードアップルを知らない人が多かったので、製品の販売に骨を折りました。だから、私は多くの努力をしなければなりません。多くの場所にマーケティングに行きました。結局、すべての努力は報われました。」 Son氏は2019年に2トン以上のカスタードアップルティーを販売しましたが、この数は2020年には2.5トンに急増し、今年は4トンになると予想されています。Son氏のお茶の販売による推定年間収益は15億ドンに達するでしょう。 国内市場にお茶を提供するだけでなく、韓国市場にもお茶を輸出しています。Son氏は近い将来、製品の多様化、市場の拡大、カスタードアップルティーのさらなる普及を続ける予定です。 Ea Kly(Krong Pac-Dak Lak)の瓜協会のLe Thi Hong Oanhさんは、Sonのカスタードアップルティー工場を地域の典型的なスタートアップモデルとして評価しました。ソン氏は、土地の人々がカスタードアップルを購入するのを助けることに加えて、多くの地域の労働者のために雇用を創出しています。
2021/12/27
翻訳:ゴーレポート
[原文へ]