Pilloは、患者に時間通りに薬を服用するように注意するAIロボットを 構築するスタートアップ


TOP写真_Pilloは、患者に時間通りに薬を服用するように注意するAIロボットを 構築するスタートアップ
Pilloはアメリカでのヘルステクノロジーに関するスタートアップであり、CES 2019年にある家電の展覧会で多くの注目を集めることができました。 2005年、Pilloの創設者の父親であるEmanueleMusini様は心臓病で亡くなりました。Musiniさんは「彼が案内通りに薬を服用しなかったか、医師の指示に従わなかった」と言いました。何年後にMusiniさんを悩ませていたのは、「父の世話をして、父に健康を維持するように注意する人がいたら、...」でした。Pilloはユーザーと自動的に対話し、慢性疾患の患者のヘルスケアに関する要求に対応するために、人工知能(AI)アルゴリズムを使用します。 Musiniさんは、特に時間通りに薬を服用する必要がある時、ヘルスケアアシスタントの役割を果たすために家にいる「誰か」を設計することを決心しました。 在宅医療は多くの家族にとって高すぎるから、Musiniさんはヘルスケアに関する要求をもっと簡単にしたいと考えています。このデバイスは市場にあり、価格は499ドルで、月額課金は39ドルです。 Pilloは、必要な薬やビタミンの保管・配布・補充の役割を果たします。ユーザーが時間通りに薬を服用しない場合、Pilloは「ケアチーム」(医療専門家または家族の人)に警告を発し、彼らは患者と話し合うことができるようにします。 Pilloも健康管理を改善するための情報およびサービスを提供します。ユーザーは、健康に関する質問をすることができます。例えば、「リンゴのカロリーはいくつですか?」といった一般的な質問、または「ヘルスケアのための計画をください。」といった専門的な質問でもできます。 P&S市場調査会社のレポートによると、2022年までにコンパニオンロボットおよびパーソナルアシスタントの市場は341億ドルに達すると推定されます。ヘルスケアアプリケーション、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、人工知能(AI)に加えて、ヘルスケアアシスタントのロボットがスマートヘルスケア市場のツールになることができます。 EmanueleMusiniである創設者・CEOは「Pilloのようなデジタルのヘルスケアアシスタントは、人間のコミュニケーションに代わるのができません。しかし、それが進化を続け、ヘルスケアに関連する非効率性のことを減らすのに役立ちます。」と言いました。
2022/04/13
翻訳:ゴーレポート
[原文へ]