ヨーロッパでAIスタートアップの40%はAIをどうするか分かりません。


TOP写真_ヨーロッパでAIスタートアップの40%はAIをどうするか分かりません。
MMC Venturesであるロンドンに本拠を置くベンチャーキャピタル会社の調査によると、AIスタートアップと自称する会社のほぼ半数は、人間の将来の入口ドアを開ける鍵と考えられるテクノロジーと関連がありません。 MMC Venturesによると、ヨーロッパで2,830社のAIスタートアップのうち、最大40%のスタートアップがこの状況に陥っています。EUの13か国でAIスタートアップの活動、機能、資金集めを詳細に検討した後で、レポートの作成者は最終的な結論を述べました。しかし、彼らが調査対象のスタートアップおよび40%の個々にリストされている企業を指名することを拒否した。 結論として、AIというフレーズは投資を呼び込みたい、または技術革新の波の最前線に立ちたいスタートアップにとって重要な用語になりました。David KelnarであるMMCの研究活動のリーダーは、「多くの企業が自分を高く評価し過ぎました。調査を通して、意図的に誤解を招く企業を削減することで、投資家に付加価値ができることを希望しています。」と言いました。 Kelnarさんによると、ヨーロッパは「AIスタートアップの時代」に突入しており、12社のスタートアップのうち、1社がAIを中心として営業しています。2013年、ある調査によると、50社のスタートアップのうち、1社がこの分野にフォーカスしています。それはAIに関するスタートアップが甚だ強く流行るのを示しました。 しかし、人々はAIという用語を所構わず使用することを選択しています。MMCの調査によると、2015年以降、従来のソフトウェア企業よりAI企業のほうが資金調達ラウンドで15〜50%多くの資金を調達しています。ソフトウェア企業に比べて、AIスタートアップはもっと高い価値を得るのに役立ちます。 Peter FinnieであるGill Jennings and Everyの知的財産法に関する企業のパートナーは、各会社がより多く投資される企業にになるのを望む際、AIの特許出願には曖昧さがあるということを述べました。 Finnieさんが「知的財産の観点から、このようにAIを使用するのは本当に意味がありません。AIの分野はバブルになるのをされ、このせいで破裂する可能性があります。」と言いました。 各企業および管理機関によると、主な問題はAIに関する統一的な定義が不足しています。欧州委員会、EUの執行機関は、AIがシステムが環境内で自分自身を分析し、ある程度の自律的に決定できることを許可するテクノロジーとして広く定義しました。現在、この委員会はAIが「倫理的」な目的で使用されることを保証するために、AIに関するより詳細な指示を研究しています。 Lucilla Sioliである欧州委員会の人工知能に関することを担当する社長は、「ユーザーは他のところで作られたAIよりヨーロッパで作られたAIのほうを信頼するので、それが我々の競争優位性を高めるのに役に立つと思います。」と言いました。 EUではイギリスに最も多くのAIスタートアップがあります。この分野の色々な有名企業の1つは、DeepMindである2014年にGoogleに買収されたスタートアップです。一方で、AIスタートアップのなかではヘルスケアが一番盛んな分野です。この分野の企業の5分の1は健康・福祉に関する問題を中心として解決します。MMCのレポートによると、金融・メディア・エンターテインメント・小売業もといった分野もAIスタートアップにとって、お気に入りの業界です。
2022/04/13
翻訳:ゴーレポート
[原文へ]