Do Venturesはベトナム市場を拡大するために、Ringleであるスタートアップに投資します。


TOP写真_Do Venturesはベトナム市場を拡大するために、Ringleであるスタートアップに投資します。
Do Venturesは、ベトナム市場での同社の拡大をサポートするために、RingleのシリーズA資金調達ラウンドへの投資を発表しました。 Ringleのスタートアップは、スタンフォード大学のMBAを卒業したSeunghoonLeeとSungpahLeeによって設立されました。このスタートアップは、2人の創設者自身のアメリカで留学する際に英語力を向上させたいニーズと経験から生まれました。 Ringleは、ソウル(韓国)に本社を置き、アメリカおよびイギリスの主要大学のチューターチームによるオンライン英語チューターサービスの提供を専門としています。このEdtechが2020年からベトナムのユーザーへのサービスを開始しました。 Ringleは、出世を目指す若い労働者や留学を希望する高校生を対象としています。このプラットフォームは、学生たちと世界中のトップの大学からチューターチームをつなぐ役割を果たします。それはアイビー・リーグを含み、AIベースに基づいて学習システムを提供します。 現在、Ringleには仕事と学術の両方の分野で英語を教える可能性がある1,300人以上の教師がいます。また、950の研究トピックを含み、ビデオおよび補足資料の多様なライブラリもあります。2015年の創業以来、このスタートアップは世界中で合計100,000人以上のユーザーの注目を集めました。 Seunghoon Leeである共同創設者は、「ベトナムの国際貿易は、多くのビジネスチャンスのおかげで、強く発展しています。Ringleが、ベトナムの若者に効果的な教育製品をもたらし、現在のグローバルな状況で彼らがより大きな目標を達成するのに役立つと信じています。」と言いました。 Ringleは、学生たちに英語圏の国で勉強または生活している人だけが通常達成できるレベルの英語能力を達成するのを手伝います。それぞれのレッスンでは、チューターがRingle Docsを使用し、Ringleが開発したツールである。それは、生徒が改善必要のあるところがすばやく把握できるように、チューターはレッスン中およびレッスン後に学生の英語の誤りを直接修正することも許可します。レッスンの後で、学生が資料を保存し、勉強する過程をフォローすることができるように、Ringleは音声認識テクノロジーを使用して、レッスンのテキストと音声の録音を提供します。Ringleチームも学習者の音声の速度、語彙、発音を分析するために、AIも活用します。そのおかげで、利用者は自分で能力を評価し、学習方法の最適化をする可能性があります。 Sungpah Leeである共同創設者によると、テクノロジーへの投資を続け、AI機能を向上するために、Ringleは新しい資金を使用します。それは、学習者が英語を話す際の複雑さ、正確さ、流暢さを自己評価するのに役に立ちます。また、この会社も学習者の学習履歴に基づいた授業後評価の個人化を推進します。
2022/04/13
翻訳:ゴーレポート
[原文へ]