ベトナム進出企業に関するニュース一覧

TOP写真_Do Venturesはベトナム市場を拡大するために、Ringleであるスタートアップに投資します。

Do Venturesはベトナム市場を拡大するために、Ringleであるスタートアップに投資します。

Do Venturesは、ベトナム市場での同社の拡大をサポートするために、RingleのシリーズA資金調達ラウンドへの投資を発表しました。 Ringleのスタートアップは、スタンフォード大学のMBAを卒業したSeunghoonLeeとSungpahLeeによって設立されました。このスタートアップは、2人の創設者自身のアメリカで留学する際に英語力を向上させたいニーズと経験から生まれました。

TOP写真_[TECHFEST Vietnam 2022]全国イノベーションスタートアップ フェスティバルを動員します。

[TECHFEST Vietnam 2022]全国イノベーションスタートアップ フェスティバルを動員します。

TECHFEST Vietnamは、特にイノベーション企業からイノベーション活動を促進することを目的として、イノベーションのスタートアップに関するエコシステムを接続するプラットフォームを動員します。 8年目のTECHFEST Vietnamは、イノベーションのスタートアップに関するエコシステムを接続し、特にイノベーションの企業からイノベーション活動を促進することを目的として一年間で行われる色々な活動を接続するプラットフォームのように動員されました。

TOP写真_Viet LotusがNeweeというスタートアップに投資します。

Viet LotusがNeweeというスタートアップに投資します。

Viet Lotusは、Viet Lotus (VLC)株式会社のスタートアップを高速化するというプログラムに参加することを目標として、Neweeスタートアップへの投資を発表しました。2020年末に立されたNeweeは、eコマースおよびソーシャルネットワークを介するオンラインショッピングを開発し、魅力的な割引ポリシーのおかげで収入を最もよく促進するのに役に立ち、品質もよくて販売者のプレスティージを確保し、包装は中央処理倉庫で慎重に管理されるプラットフォームである。

TOP写真_ヨーロッパでAIスタートアップの40%はAIをどうするか分かりません。

ヨーロッパでAIスタートアップの40%はAIをどうするか分かりません。

MMC Venturesであるロンドンに本拠を置くベンチャーキャピタル会社の調査によると、AIスタートアップと自称する会社のほぼ半数は、人間の将来の入口ドアを開ける鍵と考えられるテクノロジーと関連がありません。 MMC Venturesによると、ヨーロッパで2,830社のAIスタートアップのうち、最大40%のスタートアップがこの状況に陥っています。EUの13か国でAIスタートアップの活動、機能、資金集めを詳細に検討した後で、レポートの作成者は最終的な結論を述べました。しかし、彼らが調査対象のスタートアップおよび40%の個々にリストされている企業を指名することを拒否した。

TOP写真_Pilloは、患者に時間通りに薬を服用するように注意するAIロボットを 構築するスタートアップ

Pilloは、患者に時間通りに薬を服用するように注意するAIロボットを 構築するスタートアップ

Pilloはアメリカでのヘルステクノロジーに関するスタートアップであり、CES 2019年にある家電の展覧会で多くの注目を集めることができました。 2005年、Pilloの創設者の父親であるEmanueleMusini様は心臓病で亡くなりました。Musiniさんは「彼が案内通りに薬を服用しなかったか、医師の指示に従わなかった」と言いました。何年後にMusiniさんを悩ませていたのは、「父の世話をして、父に健康を維持するように注意する人がいたら、...」でした。Pilloはユーザーと自動的に対話し、慢性疾患の患者のヘルスケアに関する要求に対応するために、人工知能(AI)アルゴリズムを使用します。

TOP写真_【ハノイ】スタートアップアイデアコンテストの決勝に2つのトピックに 参加します

【ハノイ】スタートアップアイデアコンテストの決勝に2つのトピックに 参加します

ハノイ教育訓練省の情報によると、組織委員会によって選択されたハノイである首都の学生の2つのプロジェクトは2021年にスタートアップアイデアコンテストに参加します。それはVinh Phuc県で2022年3月25日から2022年3月28日まで開催される予定です。

TOP写真_ベトナムコメ輸出企業トップ5

ベトナムコメ輸出企業トップ5

ベトナムは世界有数のコメ輸出国ですが、わが国でコメ輸出企業トップ5はどれでしょうか。 本日、米の輸出のトップ5のブランドについて調べましょう。

TOP写真_現在のプラスチック業界のトップ5企業

現在のプラスチック業界のトップ5企業

国内のプラスチック企業は現在、2000以上の大小の企業があります。 最近、この業界の成長率は「急速に」成長し、非常に高いレベルに達し、業界市場は拡大しています。 本日、現在のベトナムのトップ5の主要なプラスチック企業を見てみましょう。プラスチック製造会社は通常ホーチミン市にあり、ほとんどが民間企業です。 その上、多くの外資系企業も力強く発展しています。 特に、日本企業が我が国に多額の投資を行っている分野です。

TOP写真_ベトナムのゴム輸出業者のトップ10

ベトナムのゴム輸出業者のトップ10

今日ベトナムで最大のゴム輸出国トップ10はどれか疑問に思いますか? コーヒー、コショウ、米などの輸出製品に加えて、ゴムも同様に大きな割合を占める商品です。 今日はこの問題について調べましょう。

TOP写真_ITエンジニアはハイテクのきれいな野菜農場のビジネスを始め

ITエンジニアはハイテクのきれいな野菜農場のビジネスを始め

農業に情熱を持っているITエンジニアは、自分の専門知識を使用して、ダナン市でハイテクきれいな野菜農場のスタートアップモデルに成功。Nguyen Tan Phuong氏(1984年生まれ、ダナン市タンケ地区に居住)のハイテククリーン野菜農場は幅約3ヘクタール、Hoa Hai、Hoa phu、 Hoa Vang、 Da Nangの山中にあります。 Phuong氏が作ったスマホアプリを元に育てたきれいな野菜畑です。